H)ユーザ受け入れテスト

Home » エンタープライズアプリケーション開発 » H)ユーザ受け入れテスト
ユーザ受け入れテスト工程のフロー概要

この工程は業務ユーザーが主体で実施し、システムエンジニアはそのサポートを実施する。

1) ユーザ受け入れテスト(以降、UATと呼ぶ)の準備

2) UATの実施

3) システム追加対応

↓クリックして工程の詳細を確認 
成果物作成要領

 フロー  主な入力情報  主な出力情報

1)UATの準備

業務シナリオを想定し、シナリオに沿ったオペレーションのテスト計画を作成する。


・要件定義書 一式
・基本設計書 一式
・全体テスト計画

・UAT仕様書
・ユーザオペレーションマニュアル

2)UATの実施

・UATシナリオに沿ってオペレーションテストを実施する。
・システム不具合は検知し次第修正する。
・業務ユーザからの要望を一覧に取りまとめ、システムの修正スコープを確定する。

・ユーザオペレーションマニュアル
・UAT仕様書

・UAT仕様書(更新)
・システム不具合一覧
・ユーザQA/要望一覧

3)システム追加対応

UATの結果を受けて、予算とスケジュールを考慮したうえで、優先順位をつけてシステムの追加対応を実施する。

システムエンジニアは、システムへの追加対応または業務ワークアラウンドのいずれかをユーザに提案し、対応方針を検討する。業務影響がなく、対応を劣後するものはリリース後の残課題として扱う。


・ユーザQA/要望一覧
・ユーザヒアリング
 (当工程で実施)

 ・設計/開発/テスト
 成果物 一式(更新)
・ユーザQA/要望一覧
 (更新)

 

フロー概要 G_総合テスト I_システムリリース