C)基本設計

基本設計工程のフロー概要

この工程ではシステム全体を通した設計と個別機能の設計の双方を実施する。システム全体を通した設計(=システム方式・共通設計、非機能設計)は個別機能の設計より先行して実施するが、個別機能の設計のフィードバックを受けて見直しができるように工程の進め方に考慮が必要である。
外部設計・論理設計の内容が固まった時点で、テスト計画とシステムリリースを作成する。

■システム全体の設計

 1)システム方式・共通設計

 2)非機能設計(インフラ・システム運用・環境/構成管理)

■個別機能の設計

 3)機能構成の整理・分割

 4)画面設計

 5)帳票設計

 6)インタフェース設計

 7)ジョブ設計

 8)データ設計

 9)ロジック設計

 10)全体テスト計画

 11)システムリリース計画 

↓クリックして工程の詳細を確認 
成果物作成要領

 
 フロー  主な入力情報  主な出力情報

 1)システム方式・共通設計

 システム内で共通利用するアーキテクチャの設計とルール
 を定義する。

 ・機能(ロジック)共通
  (トランザクション、再実行、エラー、ログ)
 ・画面共通
  (レイアウト、デザイン、画面分類、処理パターン)
 ・帳票共通
  (レイアウト、デザイン、出力制御)
 ・データ共通
  (命名規則、ドメイン、コード)
 ・メッセージ共通

・業務要件
・システム化要件
・システム全体設計
・システム方式設計
・画面設計
(当工程で作成)

・既存システムの設計書
・画面アーキテクチャ・共通設計
・帳票アーキテクチャ・共通設計
・I/Fアーキテクチャ・共通設計
・バッチ/ロジックアーキテクチャ・
 共通設計

 ・データ共通設計
・コード・メッセージ一覧
・命名規約
・共通機能一覧

 2)非機能設計
   (インフラ・システム運用・環境/構成管理)

 システム運用、インフラの設定、環境管理・構成管理の方
 法を決定する。

  ・運用設計(通常運用、障害・災害運用)
  ・ハードウェア、ミドルウェア、ネットワーク設計
 ・ バックアップ/リカバリ設計
 ・監視設計
 ・環境管理・構成管理

・業務要件
・システム化要件
・システム全体設計
・システム方式設計
・運用設計
・H/W、M/W設計
・ネットワーク設計
・バックアップ/
 リカバリ設計

・監視設計
・環境定義・構成管理定義

 3) 機能構成の整理・分割

 機能設計を個別に実施するために、機能一覧などの設計
 資料の作成を通して業務/システム要件を個別の機能に
 分解する。

 ・各機能の粒度を合わせて、機能間の関係を整理する。
 ・アプリケーションの一動作まで機能を分割し、入出力
  を定義する。

・調査報告書
・業務要件
・システム化要件
・システム方式・共通設計
・機能一覧
・業務フロー
 (機能の流れを記載)
・データフロー
 (フロー毎に個別記載)

・画面一覧
・帳票一覧

 4) 画面設計

 ・機能シナリオから画面遷移を整理する。
 ・画面のレイアウト(デザイン、項目、フォーカス順)を
  決定する。
 ・ボタンなどのアクションに対する動作を決定する。
  (ロジック部分は、『ロジック設計』で行う)

・機能一覧
・業務フロー
・データフロー
・画面一覧
・依頼元へ確認
(当工程で実施)
・画面レイアウト
・画面項目定義
・画面遷移/アクション

 5) 帳票設計

 ・帳票のレイアウト(デザイン、項目)を決定する。
 ・出力形式を決定する。
  (ロジック部分は、『ロジック設計』で行う)

・機能一覧
・業務フロー
・データフロー
・帳票一覧
・依頼元へ確認
(当工程で実施)
・帳票レイアウト
・帳票項目定義

 6) インタフェース設計

 ・システム間のIF仕様(レイアウト、項目・設定値)を
  決定する
 ・インタフェース一覧を最新化する。
  (ロジック部分は、『ロジック設計』で行う)

・機能一覧
・業務フロー
・データフロー
・インタフェース一覧
・依頼元へ確認
(当工程で実施)
・インタフェース一覧
 (詳細)

・インタフェース項目定義
・インタフェース編集仕様

 7) ジョブ設計

 ・運用フロー、スケジュール、実行方法を決定する。
 ・時間の制約(処理時間、連携時限)への影響を確認する。

・機能一覧
・業務フロー
・データフロー
・運用設計
・連携システム担当と確認
(当工程で実施) 

・ジョブ一覧
・ジョブフロー

 8) データ設計

 ・ER図(概念レベル)、画面/帳票/IF設計をもとに
  テーブル、ファイル定義を実施する。
 ・システム・制御関連の項目を洗い出す。
 ・エンティティのCRUDを整理する。
 ・メンテナンス容易性、性能確保を考慮する。

・ER図(概念レベル)
・画面設計
・帳票設計
・インタフェース設計
・ジョブ設計
・テーブル・ファイル一覧
・テーブル・ファイル
 項目定義

・ER図
・CRUD
 (テーブルレベル)

 9) ロジック設計

 ・システム内部ロジックを定義する。
 ・共通化の整理をする
  - 機能の入出力/処理パターンを整理。
  - 処理の統合/抽象化を行う。
 ・画面/帳票/IF/ジョブ運用の設計書を最新化する。

・機能一覧
・業務フロー
・データフロー
・画面設計
・帳票設計
・インタフェース設計
・ジョブ設計
・データ設計
・依頼元へ確認
 (当工程で実施)
 ・ロジック設計
・機能一覧(更新)
・画面設計(更新)
・帳票設計(更新)
・インタフェース設計
 (更新)

・ジョブ設計(更新)
・データ設計(更新)

 10) 全体テスト計画

 ・テスト工程全体の構成を定義する。
 ・テストの位置付けや目的、方法、開始・終了条件を
  定義する。
 ・ケースの定義方法(観点)、使用するデータを定義する。
 ・スケジュール、テスト環境の構成、組織/体制を整える。

 ・業務ユーザ、関連システム担当者などの関係者に
  テストスケジュールを連絡・説明する。

・要件定義書 一式
・基本設計書 一式

 ・全体テスト計画

 11) システムリリース計画

 ・システムリリース/移行(データ、業務等)の範囲と
  方式を定義する。
 ・システムリリース/移行に関するタスクを整理する。
 ・スケジュール、組織/体制を整える。
 ・業務ユーザ、関連システム担当者などの関係者に
  システムリリーススケジュールを連絡・説明する。

・要件定義書 一式
・基本設計書 一式
・関連システムの重要案件
 の状況確認

(当工程で実施)

 ・システムリリース計画

 

フロー概要 B_要件定義 D_詳細設計