B)要件定義

 

要件定義工程のフロー概要

この工程は5つのステップで出力情報を作成する。ユーザーとの綿密なコミュニケーションを通して業務要件を確定し、要件を実現するためのシステム全体の設計・システム方式の設計を合わせて確定する。その後、ユーザーと綿密なコミュニケーションを通してシステム化スコープを決定し、システム化計画を確定する。(=ベースラインの確定)

 1) 業務要件定義支援

 2) システム化要件定義

 3) システム全体設計 ※1

 4) システム方式設計 ※1

 5) 要件確定・システム化計画更新

  ※1
  3)4)の作業は、各成果物の相互関係が強いため、横断的に実施する必要がある。
  成果物間の整合性を確認しながらグルグル回るように設計案を固めていく。

↓クリックして工程の詳細を確認 
成果物作成要領

 フロー  主な入力情報  主な出力情報

 1)業務要件定義支援

 ディスカッションペーパーをたたき台に用いて関係者と
 綿密なコミュニケーションを取り、業務要件を確定する。
(IT部門は業務ユーザの支援を担当する)

・ヒアリングメモ
  (案件発生工程のメモ)

・ユーザ要望事項の一覧
 と概要記述書

・調査報告書または
 システム化計画書

・業務要件ヒアリング
 (当工程で実施)

・業務要件一覧
・業務要件詳細記述書
・(検討資料としての)ディスカッションペーパー

 2)システム化要件定義

・業務要件に対するシステム化範囲を整理する。
 - システム化範囲、対象の明確化
 - 業務フローの解析、分解
 - 関連する外部インタフェースの決定
 - 概念データモデルの作成
 - 非機能、運用要件の洗出しと決定
・整理した要件定義を実現性を加味した内容に更新する。

 

 

・業務要件一覧
・業務要件詳細記述書
・ディスカッションペーパー
(検討資料として)

 ・システム化要件
 (スコープ)

・業務フロー(概念)
・機能一覧
・インタフェース一覧
 (概要)

・概念レベルのER図
・エンティティ一覧
・非機能要件
・主管部署・
 関連ユーザ一覧

 3) システム全体設計

 システム全体の構成を明確にする。
 ・システム概要図、構成図を作成する。
 ・システム内のデータフローを明確にする。

・業務要件 一式
・システム化要件 一式
・システム概要図
・システム構成図
・データフロー(全体)

 4) システム方式設計

・アプリケーションの実装方針を決める。
  – システム機能の構成、配置
  – トランザクション管理、ジョブ管理の方針 
  – フレームワーク・共通機能と個別機能の分類 等
・インフラ構成要素、システム運用の方針を決定する。
  – サーバ、ミドルウェアの性能、可用性の実装方針を
  検討する。
  – システム運用の実装方針を検討する。
  – リソース/キャパシティのサイジング、 製品を
  選定する。

・業務要件 一式
・システム化要件 一式
・システム全体設計 一式

・アプリケーション方式
 設計

・H/W、M/W一覧

 5) 要件確定・システム化計画更新

・システム全体設計、システム方式設計を経てシステム化
 対応にて導入する製品を決定する。
・工数、設備に関するコスト見積もりを実施する。
・予算、期限、技術的な実現性を加味して、ユーザーとの
 綿密なコミュニケーションを経てシステム化対応スコープ
 を確定する。(業務要件の優先順位を確定し、予算や
 実現性を加味したシステム化スコープを確定する)
・上記を元にシステム化対応計画を確定する。
 (=システム化対応のベースラインを確定する)

・1)2)3)4)の出力情報
・ユーザヒアリング
 (当工程で実施)
 ・システム化計画書
フロー概要

A_案件発生

C_基本設計