A)案件発生

案件発生工程のフロー概要

この工程は、ユーザー依頼事項の把握・整理・計画作成の3つのステップで出力情報を作成します。

1)ユーザー依頼事項の整理

2)ユーザー依頼事項の把握とシステム影響の特定

3)コスト見積もりとシステム化対応計画の作成

↓クリックして工程の詳細を確認 
成果物作成要領

 フロー  主な入力情報  主な出力情報

1)ユーザー依頼事項の整理

 業務ユーザーから新規業務や業務改善に関わる
 システム化対応の依頼を受けて、依頼内容を整し把握する。

・依頼元からの調査・
  対応
    依頼
(電話やメール)
・依頼元へ初期ヒアリング
 (当工程で実施)

・ヒアリングメモ

2)ユーザー依頼事項の把握とシステム影響の特定

 上記の作業でユーザーの要望事項を把握した後に、
 システム全体への影響を特定する。自身が担当する
 システムと関連する他のシステムの双方を含むため、
 ユーザ要望と自分が担当するシステムの対応概要を
 関連システム担当者に伝えて、システム影響
 (対応に必要なコストを含む)を把握する。

・ヒアリングメモ
・関連システム担当への
    影響調査ヒアリング
 (当工程で実施)

・ユーザ要望事項の一覧と
    概要記述書

・担当システムに必要な
   対応概要

・関連システムの影響
   調査結果(コスト含む)

3)コスト見積もりと対応計画の作成

 システム化対応に必要なコスト(工数・設備に必要な金額)
 を算出し、対応計画を作成する。
 システム化対応の開始に向けて、当該案件を見込み案件
 として社内の案件リストに登録する。

1)2)の出力情報

・調査報告書または
 システム化計画書

・見積り書(概算)
・案件管理台帳
 (案件登録)

フロー概要   B_要件定義